NMN

NMNとは?

おとぎ話や空想の物語に登場するような若返りの薬は、誰もが少年少女時代に一度は胸をワクワクしながら若返りの物語に夢中なり、胸を熱くした経験があるのではないでしょうか?

その夢物語のような若返りが現在では、現実のものとなろうとしています。

 

サーチュイン遺伝子に働きかけるNMN

nmn
化学式C11H15N2O8P
NMN

7つのサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)全てを活性化させ、細胞の老化を遅らせる効果を持つ物質がNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)別名「若返りの薬」として2011年に非常に話題になりました。

 

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は、2011年にワシントン大学医学部の今井眞一郎教授を中心としたチームにより世界で初めて、その驚きの抗老化の効果を世に知らしめました。

 

もともとNMNは若い年齢の時は体内に十分に生産されていますが、加齢と共に体内で生産されるNMNの量が減り老化が進みます。これがいわゆる「老化現象」と言われるものです。

 

加齢と共に体内で生産量が減ったNMNを体内に取り入れる事で、老化が原因の体の衰えた機能を補正して、さらに体の機能を高める作用があることがわかっています。

 

末永く若々しくを日常に

母と赤ちゃん

NMNを日常生活に取り入れることで、老化に対しての予防をするというライフスタイルが現実になります。

これからの時代は、老化現象は逃れられないことから、予防・対策できる事として当たり前になっていくことでしょう。

 

 

-NMN